「コンサルタントのあるべき姿」とは。ノースサンドを通じて変化した価値感

ノースサンドで働く社員はTo Joby(Job+Joy)というコアバリューを掲げ、仕事を心底楽しみ、仕事を通じて社会を明るくすることを目指している。ノースサンドのオウンドメディアである「ノース参道」では、現場でJobyに働き続けるメンバーにフォーカス。彼らの想いからノースサンドの情熱を紐解きます。

 

第3回目に登場するのは、2019年にSIer/アウトソーシングベンダーを経て中途入社し、チームリーダーとしてクライアント現場を支える大場翔太(おおばしょうた)。入社して間もないにも関わらず、参画中のプロジェクトにてノースサンドのフィロソフィーを体現し活躍している。

 

対する聞き手は、現場コンサルタント兼ノース参道ライターの濱洋輔(はまようすけ)です。

 

ITのバックグラウンドを武器にコンサル業界へ

 

:本日は社員インタビューということでよろしくお願いします。

 

大場:こちらこそ、よろしくお願いします。

 

:まずは大場さんのバックグラウンドについて、ざっくばらんにお話し頂ければと思います。

 

大場:了解です。私は新卒でSIerに入社し、メガバンクのシステム運用を担当していました。その後、ERPパッケージベンダーに転職しシステム開発に従事しました。次に人事系アウトソーシング会社へ移り、アウトソーシングサービスの導入コンサルと既存顧客営業を担当していました。

 

:色々と経験されていますね。ノースサンドに入社するまでは、それぞれどんな立場で仕事をされていたのですか?

 

大場:SIerではシステム運用を担当するメンバでした。1人現場だったので、クライアントと密にコミュニケーションを取りながら業務遂行をしていました。ERPパッケージベンダーでは、エンジニアとして会計系のシステム開発を、3社目では管理職として導入コンサルと営業を実施していました。

 

:前職で大変だったことは?

 

大場:顧客折衝です。クライアントの求めるものと、自分たちが提供できるアウトプットのギャップが大きくて苦労しましたね。当時はそのギャップを埋めるのが大変でした。

 

:その時はどのように乗り越えましたか?

 

大場:「クライアントが求めるものが何か?」を徹底的に追求しました。ときには自社のソリューションに拘らず、クライアントの要求に応えるようにしていましたね。

 

:なるほど、徹底したクライアントファーストを心掛けていたんですね!大場さんが、転職しようと思ったきっかけをお教えてください?

 

大場:クライアントの要求に対して、自社のソリューションを当て込むことに疑問を感じ始めたんですよね。そうでなくて、役に立つサービス/ソリューションをクライアント毎に提供してみたいという思いが強くなったので転職を考えるようになりました。

 

:もっとお客様のためになる仕事がしたいと転職を決意されたんですね。転職活動はコンサル業界に絞っていましたか?

 

大場:コンサルと法人営業をターゲットに活動していました。

 

:転職活動を通じて、ノースサンドを知った経緯を教えてください。

 

大場:某転職サイトからのスカウトがきっかけでした。スカウトメールをきっかけにノースサンドのホームページなどを調べて、深堀していきましたね。

 

:他社コンサルの比較/検討はしましたか?

 

大場:比較/検討をして、他社コンサルの選考も受けました。ですが、選考の中であまり人間味のある対応をされることがなく。。。一緒に働きたいと思えた会社はノースサンドのみでした。

 

:ノースサンドが一番人間味のある会社だったということですね。私も選考時は採用面接というより、面談みたいで終始穏やかな雰囲気でした。笑

 

大場:濱さんもそうでしたか。笑

 

:そうでした。笑 ノースサンドの採用面接では、どのあたりに人間味を感じましたか?

 

大場:クライアントのためになることなら何でも好きにやってもいいよ、と言って頂けたことが一番印象的ですね。私は入社後に担当したい業界を特に希望していなかったんです。面接時にその旨を伝えたところ、裾野を広げるために色々なことを経験してみたら?と言ってもらえたのも印象に残っています。過去の経歴に型をはめずにやってみようよ!と背中を押してもらえたように感じました。

 

コンサルタントとは?を追求し続ける

:それでは、現在の業務内容について教えてください。

 

大場:現在担当しているのは損害保険会社様におけるシステム刷新プロジェクトです。現在はテストフェーズのPMOとして業務を遂行しています。具体的には進捗管理や品質管理を行っていますね。他にもテスト状況や欠陥状況の調査・資料作成・報告、ステージング環境の維持運営、資材の構成管理などもやってます。

 

:何でも屋だ。笑 ノースサンドらしく良い意味で「泥くさい」コンサルタントとして、現場貢献されていますね。クライアント先で前職の経験が活かせているなと感じたことはありますか?

 

大場:システム導入経験は活かせていると思います。各フェーズで必要な情報は何か?が分かっているので行動はしやすいですね。

 

:システム導入経験はITコンサルタントとしての強みになりますよね。前職とのギャップはありましたか?

 

大場:業務面では特にギャップを感じたことはないですね。ノースサンド全体としては良い意味のギャップを感じました。みんなポジティブだなという印象です。

 

:ノースサンド社員は皆モチベーションが高いですよね!

 

大場:現場のノースサンド社員もポジティブですし、会社に対する不平不満がないのでモチベーションコントロールはしやすいです。

 

:ノースサンドに入社してから苦労したことはありましたか?

 

大場:純粋なコンサルタントとして働くのが初めてなので、クライアントの求めるコンサル像を掴むことは苦労しましたね。というか、今も試行錯誤を繰り返しています。自分は何をしたらいいんだろうって。未だにコンサルって何をすればいいのか自問を続けている状態です。

 

:今の大場さんが思うコンサルを言語化するとどうなりますか?

 

大場:そうですね。最近は、「ありのままの姿でクライアントの要求に応えること」これこそがノースサンドのコンサルタント像なのかなと思っています。その実現のために必要なスキルを日々勉強し、自身のスキルアップに励んでいます。

 

「想像力と思いやり」でクライアントに貢献する

:大場さんが仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

 

大場:大切にしていることは、「クライアントと良好な関係性を築くこと」です。

 

:そのように考えるのはなぜでしょうか?

 

大場:クライアントの役に立つためには、忌憚のない意見を言いあえる関係構築が必要だと思っています。そのためにノースサンドの8 Rulesにある「想像力と思いやりを持つ」を常に意識して行動するように心がけています。良好な関係を築けているからこそ、クライアントから飲み会やランチに誘って頂けているのかなと思います。

 

:仕事以外の場でもクライアントとコミュニケーションを築ける関係性って素晴らしいですね。

 

大場:そうですね。クライアントへの貢献度がそのまま自身の評価に繋がるため、やりがいは凄くあります!

 

:続いて、ノースサンドの良い点を教えてください。

 

大場:チームワークに重きを置いている所です。コンサルファームらしくないノースサンドの特色だと思います。あとは会社内で役割や事業部による隔たりがないこと。役員との距離の近さや部署間の壁がないことはすごく魅力的です。

 

:役員との距離は近いですよね。私も前の会社では考えられないです。笑

 

大場:それに役員が、従業員の情報を詳細に把握しているのは凄いことだと思います。どのクライアント先にいて、どこに住んでるとか。

 

:たしかに!こういう辺りが人間味のある会社となって伝わっているような気がします。逆にノースサンドの改善点などはありますか?

 

大場:今のところ思いつくことは特にないですね。採用面接時に不安要素はすべてクリアになったのでそう感じるのかもしれないです。仮に改善点があるとしたら、改善策を提案して会社をより良くするだけだと思ってますので。

 

:さすがイケメンすぎます。笑 それでは、大場さんの今後のキャリアプランについて教えてください。

 

大場:コンサルタントとして色々な経験がしてみたいです。コンサルタントとしてのスキルアップだけでなく、昇進してマネジメント面も経験を積みたいと考えています。そのためにはまず、今アサインされているプロジェクトを完遂すること。これが直近の目標ですね。

 

他者貢献こそがモチベーションの原点

 

:大場さんはどんな方と一緒に働きたいですか?もしくは、どんな方にノースサンドに入社してほしいですか?

 

大場:難しい質問ですね。笑 私は人の役に立ちたいという思いがある人と一緒に働きたいです!他者貢献に対する思いがある人に魅力を感じます!

 

:ありがとうございます。では最後になりますが、これからノースサンドに入社する方へメッセージをお願いいたします。

 

大場:ノースサンドは人の役に立ちたいという人のためにある会社だと思います。クライアントのために何ができるかを日々考えながら、本気でクライアントに寄り添って目標を達成していくことが使命だと考えています。ぜひ一緒に成長しクライアントに価値を還元しましょう!

 

:私も大場さんに負けないように日々努力を続けたいと思います。本日はありがとうございました!

 

大場:ありがとうございました!

左:大場翔太 右:濱洋輔

ノース参道ライター:濱洋輔

国内大手SIerを経て2019年にノースサンドへ。ノースサンド入社後、外資系生命保険会社様 次期システム導入プロジェクトに参画。日々、クライアントのために情熱をもって仕事に取り組みながら、ノース参道ライターとして会社に貢献している。

求人情報

【中途】【コンサルタント】若手未経験者歓迎/残業少/成長率200%超

【中途】【コンサルタント】SE/Sierからコンサルタントへ IT/戦略/業務

【中途】【コンサルタント】マネージャー募集、最先端のデジタル領域においてトップクラスのコンサルファームを目指す!