環境を変えたからこそ見えたノースサンド の「人」と「組織」の魅力

 

ノースサンドで働く社員はTo Joby (Job+Joy)というコアバリューを掲げ、仕事を心底楽しみ、仕事を通じて社会を明るくすることを目指している。ノースサンドのオウンドメディアである「ノース参道」では、現場でJobyに働き続けるメンバーにフォーカス。彼らの想いからノースサンドの情熱を紐解きます。

 

第17回に登場するのは、2020年3月中途入社の吉用早織。入社後すぐにチームのリーダーとしてプロジェクトを推進し、社内の品質管理にも関わるなど、幅広く活躍中。そんな吉用に「環境を変え、新たなチャレンジをすること」について話を聞くことで、ノースサンドの「人」と「組織」の魅力を探ります。

 

聞き手は、現場コンサルタント兼ノース参道ライター、水垣さくらです。

共に成長できる仲間と、自身の得意分野が広がる環境を見つけた

 

水垣:本日はご多忙の中、インタビューにご協力いただきありがとうございます。よろしくお願いします!

 

吉用:よろしくお願いします!

 

水垣:さっそくですが、吉用さんの前職の仕事を教えてください。

 

吉用:前職はSIerでした。最初の4年間はネットワーク系のエンジニア、その後社内異動し、4年間は IT運用サービスの営業に従事していました。営業時代は、自社ソリューションの導入をクライアントへ提案しており、導入決定後はPMとしてプロジェクトに従事することもありました。

 

水垣:とても幅広くご活躍されていたんですね。そんな中、なぜノースサンドに転職しようと思ったのでしょうか?

 

吉用:前提として、もともと転職への強い志望はなく、現状の仕事にも満足していました。

 

水垣:そうだったんですね!

 

吉用:そうなんです。でも、自分が自社の外に出た時に何ができるのかが気になり、転職エージェントさんに評価してもらおうと思い立ちました(笑)その時たまたま紹介されたのがノースサンドでした。

 

水垣:意外なきっかけでした(笑)

 

吉用:はい(笑)当時はもっとスピード感を持って仕事に取り組み、成長したいと思っており、ノースサンドの面接をする中で、社員のスピード感、スキル、パッション、明るさに感動しました。ノースサンドの人たちと一緒に働くことで、自分が成長できる気がしたので、入社を決めました。

 

水垣:決め手はノースサンドの「人」だったということですか?

 

吉用:そうです。ノースサンドで働く人たちを見て、「私、全然できないじゃん!」「この人たちとここで成長したい!」と刺激を受けました。

 

水垣:ビビッときたんですね!しかし、ノースサンドへの転職はコンサルタントへのキャリアチェンジになりますよね。それは問題なかったのでしょうか。

 

吉用:キャリアチェンジという意識は持っていませんでした。前職のSIerも現職のコンサルタントも、クライアントの課題を解決する仕事なので、自分のキャリアの延長線上という感覚です。

 

水垣:そうだったんですね!では、職種による違いを感じる部分はありますか?

 

吉用:課題解決の手段について、得意分野が異なると思います。SIerの得意分野は、技術的な解決手段の提供です。対して、コンサルタントの得意分野は、本質的なビジネス課題に対する解決手段の提供だと思います。

 

水垣:「技術的な問題解決スキル」と「本質的なビジネス課題の解決スキル」があって、前者は前職で得られたもの、後者が現職で得られるものということですね。

 

吉用:そうです。私は後者の「本質的なビジネス課題の解決スキル」を身に付けることで、自分の得意分野を増やしたいと思い転職しました。

 

水垣:その中で、キャッチアップが必要だった部分はありますか?

 

吉用:ロジカルシンキングやドキュメンテーションなど、コンサルタントのベーススキルは全くなかったので、現在進行形で習得中です。これがビジネス課題を解決に導く鍵だと思っています。前職時代は、考え方よりもどれだけIT知識があるかが大切だったので、当時に比べ、あらゆる自己啓発に取り組む時間が増えました。

 

水垣:ノースサンドには、自分を成長させてくれそうな「人」や、得意分野を広げられる「環境」があったということですね!

 

吉用:その通りです!

化学反応を起こし、感動させたい

 

水垣:吉用さんはコンサルタントとしてクライアント支援を行う現場業務と、会社創りを行う社内業務の両方に取り組まれていますが、それぞれどんな業務なのでしょうか?

 

吉用:現場業務では、飲食業界のITインフラ運用チームにおいて、お客様から要望のあった課題や様々なテーマに対して、解決策の検討や計画の策定などを担当しています。現在対応している課題は、ヘルプデスク業務のリモート化とコスト削減です。社内業務では、キャリラボ(※)の一員として、社内の課題の整理、解決を行っています。

(※)・・・社内の品質管理や中途入社者のサポート体制の構築など、会社創りの根幹となる業務を多岐に渡り実践する、ノースサンド特有のチームを指す。

 

水垣:ちなみに、キャリラボの活動では、どんな取り組みをされているのでしょうか?

 

吉用:例えば、ナレッジ管理の方法や、中途入社者がスムーズに立ち上がれるようなプロセスを、検討したり、アイディアを出して形にしていきます。キャリラボメンバー以外の人たちには普段見えない部分を扱うことが多いですが、扱う範囲は幅広いです。

 

水垣:見えないところであらゆる仕組み創りをしてくださっているのですね。

 

吉用:そうですね!

 

水垣:現場と社内、その両方で活躍されている吉用さんですが、日頃どんな想いで仕事に取り組まれていますか?

 

吉用:「現場や社内業務で頼られ続ける人になりたい」「何かあったら、一番に相談してもらえる人になりたい」という想いで取り組んでいます。自分が役に立ちたいです。

 

水垣:素敵ですね!頼られた人の役に立ち、感謝された時が、一番やりがいを感じますか?

 

吉用:そうですね!でも、「ありがとう」より「一緒にできて楽しかった」と言われた方が嬉しいです。クライアントや社内に、驚きや感動、新しい気づきを与えることで相手の期待を超えた時、やりがいを感じます。「この人に相談したら面白い」「この人、変わっているな」と思われたいです(笑)

 

水垣:なるほど!(笑)実際にそのようなエピソードがあれば教えてください!

 

吉用:そうですね。最近、プロジェクトの最終報告書をクライアントに提出した際、その最後に「お手紙」を添えたんです。「お手紙」では「プロジェクトに直接関係ないけど、プロジェクトメンバーが気づいていない課題と解決のヒント」をお伝えしたのですが、クライアントがこれに驚き、大変喜んでくださいました。

 

水垣:感謝されるだけでなく、びっくりさせることができたんですね!

 

吉用:そうです!周りとコラボレーションする中で「今まで浮かばなかった考えが浮かんだ」という化学反応を起こせると、やっぱり嬉しいですね!

 

水垣:化学反応で感動を与える…すごくかっこいいです!

現場と社内で感じる苦労と達成感

 

水垣:仕事に対し、情熱を持って取り組まれている中で、どんなところが大変だと感じますか?

 

吉用:現場業務の場合、コンサルタントはどこに行ってもその分野のプロフェッショナルだとされるため、ものすごい速さでその分野のキャッチアップをする必要がある点です。

 

水垣:これはコンサルタントになるうえで、覚悟が必要な部分ですよね。

 

吉用:そうですね。たとえ初めて聞いた言葉でも、「説明してほしい」と言われれば、次の日にはその話を完璧に話せる必要があります。その分、達成感もありますよ。色んな分野にチャレンジできるので、自分のような飽きっぽい人には向いていると思います(笑)

 

水垣:なるほど(笑)現場業務の大変な部分であり、面白みでもありますね。一方で、社内業務の「会社創り」では、ベンチャー企業ならではの大変さがあるのではないでしょうか?

 

吉用:そうですね。個人のスキルがものすごく会社に影響している点は大変です。社員に任されている範囲が大きいからこそ、考える力や知識の不足を防ぐため、日々スキルアップを継続して行う必要があるからです。前職は規模が大きく、自分一人ができなくても何とかなってしまったので、余計大変に感じます。

 

水垣:前職時代と比べても、大変だと感じられるんですね。その分やりがいに感じますか?

 

吉用:個人に任せられている裁量が大きいので、成果も分かりやすく出ることが多く、やりがいはあります。前職時代は会社の決まりに縛られて、やりたいことがあっても、基本すぐにはできなかったけど、今は自由度が高いので、やりたいことは何でもやれると思っています。

 

水垣:何でもできる分、全て自分次第ということになりますね!

芯があり、明るく前向きなノースサンドの雰囲気

 

水垣:ここからは、吉用さんを魅了した、ノースサンドの雰囲気や環境について教えてください。はじめに、ノースサンドへの転職前、不安になることはありましたか?

 

吉用:入社前に不安を感じることはありませんでした。

 

水垣:それはなぜでしょうか?

 

吉用:面接を受ける中で「ノースサンドの人たちなら大丈夫そうだ」という安心感を感じていたからです。

 

水垣:入社前から社員への信頼があったんですね!入社後にギャップはありましたか?

 

吉用:ギャップはほとんどありませんでしたが、強いて言うなら、「思ったよりパリピじゃないな」と思いました(笑)

 

水垣:HPのイメージとは違いますか(笑)

 

吉用:HPを見た時は「入社したら胴上げとかされるのか?」と思っていました(笑)実際は思ったより落ち着いていて、中身がしっかりした人が多いです。

 

水垣:では、ノースサンドの雰囲気の特徴は何だと思いましたか?

 

吉用:芯があり、明るく前向きな人が多いことだと思います。コンサルタントだけでなく、営業やバックオフィスでも、自分の意見を発信できる人が多いです。例えば、社内の会議は意見がないまま終わることがありません。朝礼や社内SNSなどでも「考えたことを発信し、行動する姿勢」を日々感じますね。また、みんなの発言や表情が明るく、前向きなので、コロナ禍でも気持ちを持ち上げてくれました。

 

水垣:まさにそうですよね。コロナ禍でも、社員みんなが新しいアイディアをどんどん実行し、メンタル面でも支えてくれました。また、ノースサンドには新しく入った仲間を放置せず、サポートする文化がありますよね。

 

吉用:はい。中途入社者向けの研修があり、サポート体制は手厚いです。また、自分はコロナ禍に入社し、リモートワークだったにも関わらず、現場のリーダーや人事がオンラインで他の現場の人を紹介してくれたので、会社に溶け込みやすかったです。

 

水垣:素敵な心遣いですね…。組織としては、女性社員は多くはありませんが、その点働きづらさを感じたり、今後補ってほしい点などはありますか?

 

吉用:男女の隔たりはなく、社員を大切にしている会社なので、働きやすいです。今後、女性社員の出産時などは、クライアントの理解のもと、社員みんなで役割分担し、全体でバリューを出せればいいと思います。

 

水垣:なるほど!ありがとうございます。ノースサンドの雰囲気、環境がすごく伝わるお話でした。

 

 

ノースサンドで活かせる経験と得られる経験

 

水垣:ここからはノースサンドで活かせる経験と得られる経験について教えてください。まず、吉用さんにとって、ノースサンドで活かせる経験とは何ですか?

 

吉用:前職時代に培った、課題整理やIT(特にIT運用の知識)、PMの知識と経験です。

 

水垣:具体的にどんなことに活かせていますか?

 

吉用:それらを活かし、ベンダーやクライアントの立場を理解したうえで、立ち回る様にしています。「こういう提案依頼書を出したら、ベンダー側からきっとこういう回答が返ってくるだろうな」と予測することができたり、「プロジェクトのこういうところで困ったから気をつけよう」と立ち回ることができます。

 

水垣:色んなことを事前に予測できるようになるんですね。

 

吉用:はい。研修内容の提案や事業のアイディア出しなど、社内業務でもIT知識は強く活かせます。

 

水垣:IT知識の重要性がわかります。一方で、ノースサンドではどんな経験を得られると思いますか?

 

吉用:上司や同僚に真面目に注意してもらったり、だめなところは指摘してもらえる経験です。例えば、資料を見せると必ずフィードバックをいただけます。普通は指摘したくても色んな理由で諦めてしまうことが多いと思いますが、ノースサンドの人たちは必ず指摘をしてくれます。社員全員に「ノースサンドとして高い品質を担保したい」という意識があるので、そこを妥協する人はいないですね。

 

水垣:ありがとうございます。これらを踏まえて、将来の展望はありますか?

 

吉用:マネージャーになって見える世界を広げたいです。そして、今までなかった案件をとったり、企画を考えて、新しい価値を生み出したいです。それによって、今まで会社からたくさんのことを教わり、自身が楽しく成長できたことへの恩返しをしたいと思っています。

 

水垣:新しい価値を提供して恩返し…とても素敵ですね!最後になりますが、環境を変え、新たなチャレンジをすることに不安を感じている方へのメッセージをお願いします!

 

吉用:環境を変えたことをきっかけに、見えなかった世界が見えた気がします。不安は大きいかもしれませんが、同じような経験をして入社してきた仲間がたくさん迎え入れてくれるので大丈夫です!一緒にチャレンジしましょう!

 

水垣:ありがとうございます!吉用さんのお話を聞いて、自分も「日々の変化を恐れずチャレンジしよう」と勇気をもらうことができました。

 

吉用:ありがとうございました!

ノース参道ライター:水垣さくら

2020年新卒でノースサンドへ入社。入社後は、国内大手損害保険会社様 システム移行プロジェクトに参画。日々、クライアントのために情熱をもって仕事に取り組みながら、ノース参道ライターとして会社に貢献している。

求人情報