「論理に忠実であれ」コンサルタントの魅力とは

ノースサンドで働く社員はTo Joby(Job+Joy)というコアバリューを掲げ、仕事を心底楽しみ、仕事を通じて社会を明るくすることを目指している。「ノース参道」では、ノースサンドの現場でJobyに働き続けるメンバーにフォーカス。彼らの想いからノースサンドの情熱を紐解きます。

 

第10回目に登場するのは、ディレクターとして複数の現場を統括しながら、社内の品質向上も積極的に推進する谷岡悟一。そんな谷岡に、コンサルタントとして一線で活躍するための、仕事への取り組み方やモチベーション維持の秘訣についてインタビューします。

 

対する聞き手は、現場コンサルタント兼ノース参道ライターの八木達也(やぎたつや)です。

 

コンサルタントは優秀?変人?

 

 

八木:本日はよろしくお願いします。私が働く現場の統括である谷岡さんにインタビューするのは緊張します。

 

谷岡:こちらこそ、よろしくお願いします。こういうのは緊張しますね。

 

八木:ぎこちない感じになるかもしれませんが、早速始めさせていただきます。まず始めに谷岡さんの自己紹介を兼ねてこれまでの経験を話していただけますか?

 

谷岡:大学は理系で機械工学を専攻していました。卒業後、新卒で外資系コンサルティングファームに入社し、約3年半バッチやWeb系の設計・開発を担当しました。既存システムの設計書が無いこともあり、リバースエンジニアリングを行いながら新システムを構築したりしたこともありますね。思い出すとかなり働いていましたね。

 

八木:なぜ新卒で、コンサルタントを目指したんですか。

 

谷岡:理由としては2つありました。
1つ目は、実家が個人経営をしているのですが、親の姿を見て経営を学ぶ事が重要だと感じていたから。
2つ目は、就職活動時に色々な先輩に会って話を聞いたのですが、事業会社で働いている人よりも、コンサル業界で働いている人の方が話していて面白かったからです。その結果、経営も学べて興味も湧いたコンサル業界に絞って就職活動することに決めました。

 

八木:当時のコンサル業界って、谷岡さんからはどんな風に見えていましたか。

 

谷岡:優秀な人か、変人が行く業界だと思っていました。大前研一さんが有名になってきたタイミングだったと思います。今みたいにコンサルタントの手法とかが公開されていなかったので、どういう事をやるか分からないが、単価が非常に高い人達というイメージでした。

 

八木:謎めいた業界だった訳ですね。3年半働いた後はどうなさったんですか。

 

谷岡:3年半働いた後、自分で何かやってみたくなったので会社を辞め起業しました。

 

八木:えっ、起業していたんですか。知らなかった。

 

谷岡:1年間色々試してみましたが、結局全然上手く行かなかったですね。

 

八木:その後、どうされたのですか。

 

谷岡:当時成長著しかった日系コンサルティングファームに転職しました。

 

八木:どういった基準で決めたんですか。

 

谷岡:社長がとてもスピード感がある方で、ここで働いたら成長できると感じたのが決め手でしたね。

 

八木:自己成長が最優先事項だったわけですね。実際入社してどうでしたか。

 

谷岡:最初の1ヶ月でドキュメント作成スキルが足りないということに気付かされました。

 

八木:今の谷岡さんからは想像できないです。

 

谷岡:資料の作り方を先輩に教えてもらったり勉強したり、必死に頑張りましたね。

 

八木:最初から成長ですね。業務としてはどういった事をされてましたか。

 

谷岡:インフラ設計・構築を3年半、プロジェクトマネジメントを10年間やりました。後は、プロジェクトマネジメントをやっていく中で品質管理の重要性を感じたため、社内勉強会を一から立ち上げて品質向上を進めました。

 

八木:プロジェクトマネジメントでは、どんな案件を担当されていたのですか。

 

谷岡:大規模案件としては、外資生保でデータセンター構築や、 PMIのインフラ統合案件を担当しました。後は、ユーザー側のPMOとしてIT部門と調整するような案件も担当しました。IT部門が全然動かなくて、IT側と調整するユーザー側の大変さが身を持ってわかりました。

 

八木:一番記憶に残っている案件はありますか。

 

谷岡:先程述べたデータセンターの案件は、とても記憶に残っています。1人で現場に入り、お客様のキーパーソン含め、色々な方とコミュニケーションを取りながら、最終的には35名程度まで現場を拡大しました。今ノースサンドで共に働いているメンバーの中には、このとき一緒に働いていたメンバーがいますね。

 

八木:1人から35人とは凄い。拡大できた秘訣はあるんでしょうか。

 

谷岡:秘訣では無いですが、コンサルは綺麗な資料を作るのではなく、現場の課題を解決する事に価値があるという考え方が確立したのがこの案件でした。綺麗な資料を1つ作る時間があるのであれば、メール1行で問題を1つでも解決する方が、価値があると考えるようになりました。

 

八木:ノースサンドの考え方と一致していますね。先程社内には一緒に働いていたメンバーもいるという話がありましたが、谷岡さんはどういったきっかけでノースサンドに転職することになったんですか。

 

谷岡:転職しようと思ったきっかけは、先程話をした品質向上勉強会の開催回数が合計100回を迎え、その活動に一つの区切りがついたからですね。
このことをきっかけに外に目を向け始めました。そんな中、以前一緒に働いて楽しかった前田さんをはじめ、ノースサンドのメンバーと再度仕事を一緒にやってみたいなと思い、ノースサンドへの転職を決意しました。

 

八木:ノースサンド代表の前田さんの上司だったという紹介だったので、全社員集会でザワザワしたのを覚えています。ノースサンドに入ってからは、どんな業務をされているのですか。私自身もお世話になっていますが。

 

谷岡:3つの現場の統括をやっています。そのうち、2つの現場をメインで見ていて、合計5チームを管理しています。後は社内プロジェクトとして、プロジェクトマネジメントの標準化を進めています。

 

八木:1つの現場を見るだけでも大変だと思うのですが、物理的に異なる現場をまとめて見るコツはあるのでしょうか。

 

谷岡:まずは、重要度の高いと思う案件を選択して、鍵になるとこや穴があるとこを見つけます。その後、自分の稼働をぶつけて課題を解決していくって感じですね。全体を見ながらクリティカルなとこを探して対応することを意識しています。

 

八木:複数現場を見ていると、新型コロナウィルスの影響もありそうですが、業務に変化はありましたか。

 

谷岡:担当している現場がリモート業務になりました。その結果、移動時間も無くなり生産性が上がりましたね。会議の調整もしやすくなったので効率的に働けています。

 

八木:移動時間を別のことに利用できるので確かに効率はよさそうですね。谷岡さんが仕事の中で常に意識していることはありますか。

 

谷岡:自分がお客様側にいると考えた場合に一番気にする事は何か、何を求めるかを意識して忠実にやっていくが基本ですね。でも、これだと客観性が足りず+αの価値を提供できなくなってしまうので、意識的にお客様に寄り過ぎないように注意しています。

 

八木:その”お客様目線で働く”というマインドを若手メンバーに上手く伝えることは難しくないですか?簡単そうな言葉に見えて実はそうでもないように感じています。

 

谷岡:そうですね。でも、社会人1年目のメンバーもこれまで部活やサークルやバイトなどでリーダーのポジションを担当したことがあると思います。そのポジションを持っている側をお客様側と考えた場合、どういった事を考えて行動して欲しいかとか考えたことがあると思います。その感覚を思い出してもらえれば、お客様目線も感じられると思います。

 

八木:なるほど。後はそれを理解するために、常に意識し続ける事が重要そうですね。

 

谷岡:そう思います。お客様目線を意識し続ける事は重要ですね。ただし人それぞれ根本の考え方は違うので、たとえそれを意識したとしても、成長速度は異なってくると思います。

 

八木:どういった人材が成長するのが早いと思いますか。

 

谷岡:「素直」、「振り返りができる」、「自分と向き合える」、この3つをできる人が成長が早い人だと思います。

 

八木:「自分と向き合える」というのは、具体的にどのような感じでしょうか。

 

谷岡:例えば、今の仕事がつらいと感じている時に、まずはそれを素直に受け入れる。別に辛いと感じることは悪い事ではないので、まっすぐに受け入れる事が大切です。受け入れた上で、どうすればポジティブな状態に持っていけるかを自分の中で考える。考えた結果を基に、次のアクションにつなげていくという感じです。つらいと感じる事を格好悪いことではないです。でもなぜそう感じるのかをしっかり考えて改善に繋げないと成長はできないですね。

 

コンサルタントの魅力

(ノース参道で話す内容をマインドマップで事前整理[谷岡作成])

 

八木:それではここからは、15年以上コンサルタントして活躍されている谷岡さんが思う、コンサルタントの魅力についてお話をお願いしたいと思います。

 

谷岡:自分としては、3つあると思っています。
1つ目は人を中心に仕事ができる事です。毎回案件が変われば違うお客様、違うメンバーと仕事をする事になります。そうすると、それぞれがどういう事を考えているのかについて好奇心が出てきます。自分と合うのか、合わないのか。合わないのであれば、なぜ合わないのか。どうすれば上手くいくのか。そういう事を考えるのが非常に面白いです。
2つ目は、新しいことを学べることです。我々が入る案件は、簡単にできることや、やり方が決まっていることは基本的にないです。お客様内で難しいと思われる案件がほとんどです。例えば、社内初の取り組みなど、調整する部門が多岐に渡るような案件ですね。そういう案件を推進していくと自分の成長を感じられます。
3つ目は、「論理に忠実であれ」ということです。ロジカルに考えて自分が正しいと思ったことを発言できる事です。社内にいると色々としがらみ等があって発言できなかったりしますが、コンサルはそれが無いので、自由に発言出来ます。そう言った発言をする事もコンサルタントには求められていると思っています。

 

八木:挑戦しながら、成長したいと意欲を持って働くような人がコンサルには合うんでしょうか。

 

谷岡:ちょっと違いますね。意欲というと頑張る感じになります。コンサルに一番大切なものは、好奇心だと思います。この案件を超えた先にはどんなものが見えるのか、この課題を解決するとどうなるのか。色々な事について好奇心を持って取り組める事がコンサルとしては最も重要な要素だと思います。

 

八木:確かに。好奇心だと自分からどんどんやりたくなりますもんね。

 

谷岡:人生の中で一番時間を使うのは仕事だという方は、たくさんいると思います。私自身もそうです。人によっては、仕事はあくまでお金を稼ぐためのツールで、趣味を充実できれば満足と考える人もいると思います。でも、一番エネルギーを使うのは仕事です。いろんな人の生きざま、情熱がある。一回の人生だからこそ、そこで楽しむのが重要だと思います。

 

八木:成長するコンサルトに通ずる所があると思いますが、継続してクライアントから求められるコンサルタントはどういった人材だと思いますか。

 

谷岡:「素直」、「自分で考えられる」、「データで説明できる」、「お客様の感情を考えられる」人材ですね。そういう人は、お客様も一緒に働いていて楽しいし、安心感があります。相乗効果でお客様自身のパフォーマンスもあがるため、手離したくない人材になります。

 

八木:確かにお客様のパフォーマンスも上げることができる人材は、手放せないですね。後は、良く成長の話をしているとジェネラリストを目指すべきか、スペシャリストを目指すべきかという話が出てくると思うのですが、実際どちらが良いと思いますか。

 

谷岡:どっちでも良いと思います。自分の性格にあった方を目指した方が伸びると思います。

 

八木:谷岡さんはどちらですか。

 

谷岡:スペシャリストになりたい、ジェネラリストです。全体が気になるタイプなので。学生時代とかはどうやったら5教科で成績が上がるかを考えて、一番点を取りやすい科目で点をとって成績を上げていました。理系だったのですが、国語で点を稼いでいましたね。

 

八木:一緒に働くのも、ジェネラリストの方が良かったりするのですか。

 

谷岡:そこはスペシャリストが良かったりします。例えば、自分も英語はある程度話せますが、チームに自分以上に英語が得意な人がいると安心します。あとは、仕事が明確化できるので、足りない部分を自分が補う事で、上手く仕事が回せます。まあ、ジェネラリスト同士も役割分担ができると問題ないのですが。役割分担が上手くできないと、気持ち悪い状態が続いたりしますね。

 

八木:そうするとスペシャリストの方が多くの需要があるように感じますね。

 

谷岡:そんな事も無いですよ。例えば、今新型コロナの問題で多くの企業がリモートワークの本格的な導入を進めています。そういった企業がリモートでのコミュニケーション環境を構築するために、Teamsを導入しようという話になったとします。Teamsも分かってネットワークも分かるような、スペシャリストが良いなという話に最初はなります。なかなか限られている人材ですが、見つかったとしましょう。
でも、そういった方をアサインした後に、やっぱりZoom+Slackの方が良いとなったとします。そうなると、スペシャリストの方は、当然これまでTeamsでの成功体験があるため、反発する人材になります。一方でジェネラリストは、こだわりがありません。その企業に合うと判断できたものが導入できればベストです。ジェネラリストは、変化することに対しての情熱が強いので、こういう部分の強みがあります。スペシャリストでありジェネラリストである人材が最強だと思いますが、こういった人材は大変貴重です。

 

好奇心の強いメンバーを増やしたい

(谷岡が社内で推進するマネジメント標準化の取り組み)

 

八木:谷岡さんとしては、今後ノースサンドにどういったメンバーを増やしていきたいですか。

 

谷岡:ノースサンドは創設6年目に入ったばっかりの若い会社です。これからどんどん新しいことに挑戦していく会社です。会社自体にノウハウが大量にあるわけではないので、失敗の中で新しいことを学んでいきたいと思える好奇心の強いメンバーを増やしていきたいですね。後は、バランス感覚がある人を増やしていきたいです。全体を見ながら、クリティカルな部分を指摘できるような人。こういう人材は必ずお客様に求められる人材になります。

 

八木:自分もそういった人材になっていけるように、精進していきたいと思います。最後になりますが、これからノースサンドに入ってきてくれる方、入ろうか悩んでいる方に対してメッセージをお願いします。

 

谷岡:世の中はどんどん変わっていきます。一緒に変化を楽しみながら好奇心を持って働ける方、是非一緒にノースサンドで働きましょう。

 

八木:谷岡さん、本日はありがとうございました。

 

谷岡:ありがとうございます。

 

ノース参道ライター:八木達也

国内大手SIerを経て2019年にノースサンドへ。ノースサンド入社後、業種・業界を問わず、様々なPJに参画。日々、クライアントのために全力で仕事に取り組みながら、ノース参道ライターとして会社に貢献している。

求人情報